MENU

アフターピルはいつまでに飲むようにしたら良いのか?

アフターピル,避妊不埒,威力,呑みお客様,副作用

 

アフターピルは性行為で避妊しなかったり、コンドームが破れたり、レイプされたりと性行為の後に、避妊とれるリーサルウェポンになります。

 

受胎したくないのに、中出しされてしまたときに受胎しないようにホルモン配分をコントロールするお薬だ。

 

アフターピルを服薬すれば、100パーセント避妊望めるわけではないので覚えておいてくださいね。

 

 

⇒アフターピル通販はこちら!

アフターピルの効果を高めるために購入するには?

アフターピル,避妊不埒,威力,呑みお客様,副作用

 

基本的には日本では、産婦人科やクリニックで処方してもらわなければ、入手することができません。

 

最近は、多くの女性が海外からアフターピルを個人輸入している人が増えています。

 

個人輸入している理由には、避妊失敗したときにすぐに飲みたいときに、産婦人科が休みだったり、近くにない場合などがあります。

アフターピルはいつから、いつまでに飲んだら良いのか?

 

アフターピルは、72瞬間以内に飲めば安泰ということを耳にしますが、性行為後にできるだけ早く飲み込むのが正解です。

 

なぜかというと瞬間が過ぎれば過ぎ去るほど、避妊リスクが高まっていきます。

 

アフターピルにも型式があるので、日本で不時避妊薬として認められているノルレボの場合を例にあげて説明させてください。

 

アフターピルは性行為後から12瞬間以内に飲み込む結果99パーセント避妊達成するといわれています。

 

12瞬間~48瞬間までに飲むと、85パーセントまで避妊成功率が下がってしまいます。

 

もっと72瞬間では58パーセントまで避妊成功率が下がります。

 

こういうデーターから、何時飲み込むかと質問されれば「一気に飲んでください」というしかないです。

 

72瞬間を過ぎても120瞬間までは避妊もらえる可能性があるので、遅くなっても服用して下さい。

 

新たに発売されたエラ(ella)だと72瞬間までに服用すると95パーセントの避妊成功率、120瞬間までに服用すると85パーセントの避妊成功率のアフターピルがあります。

 

アフターピル,避妊不埒,威力,呑みお客様,副作用

 

基本的には日本では、産婦人科や病院で処方してもらわなければ、入手することができません。

 

最近は、多くの女性が第三国からアフターピルをそれぞれ輸入やる他人が増えています。

 

それぞれ輸入やる理由には、避妊失敗したときに一気に飲みたいときに、産婦人科が休日だったり、近くに無い状態などがあります。

 

産婦人科では、お先に買う事ができないというのも欠陥もあります。

 

再度、産婦人科だと10000~2万円するのに、通販で購入すると10分の1程度の値段で購入できるので、使用しないかもしれないけれど、護符代わりに購入している女性が増えています。

 

注意しなければいけないのは、まがい物や違法な通販ウェブもあるので、ただ短いので購入しないように注意してください。

 

⇒ホームページへ
産婦人科では、前もって貰う事ができないというのもデメリットもあります。

 

さらに、産婦人科だと1万~2万円するのに、通販で購入すると10分の1程度の値段で購入できるということで、使用しないかもしれないけれど、お守り代わりに購入している女性が増えています。

 

注意しなければいけないのは、偽物や違法な通販サイトもあるので、ただ安いという理由で購入しないように注意してください。

 

⇒トップページへ

このページの先頭へ